大和の湯だより

天然温泉のご紹介・入り方

2019年2月18日

健康作りに人気の温泉。温泉の入り方によって、効果が変わってきます。
上手な温泉の入り方を知り、温泉の効能を高めましょう。

そもそも温泉とは何か?

地中から湧き出る水、水蒸気、その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)のうち、定められた規定量以上の化学成分を含むもの、あるいは、温度が25℃以上あるものを温泉法では「温泉」と定義しています。

温泉は身体に良い

温泉の楽しみ方は、お湯に浸かるだけではありません。
自然や人・文化とのふれあいなど、ストレスから開放されてリラックスすることができます。
さらに、入浴による物理的作用と温泉の化学成分などが総合的な刺激となって、人間が本来持っている自然治癒力が高まります。

上手な温泉の入り方

  1. 水分補給を充分にしてから、浴場に入りましょう。
  2. まず、かけ湯をしてざっと汚れを落とします(これ、必須マナーです)。
  3. 浴槽につかるときは、体を慣らす半身浴から。
  4. 温泉効果を持続するため、上がり湯はしない。
  5. 大自然に溶け込み、心も体も開放してゆっくり休みましょう。

日頃の疲れが自宅のお風呂でも取れないときや、デトックスを促して美容効果を得たいときなど…身体を癒すのに最適な場所が天然温泉です。自宅のお風呂とは違って湧いている天然温泉は一品のものです。湯船も深さと広々した空間があるからこそ、ゆっくり肩まで浸かって足を伸ばすことができます。当館自慢の天然温泉は、毎分120リッター以上汲み上げられる源泉100%です。露天風呂からは、見渡す限りの田んぼ、きらりと光る印旛沼の水面を臨む事ができます。また、鳥のさえずりや川のせせらぎなどおおらかな大自然の魅力をじっくり感じながら、日頃の疲れやストレスを癒すことができます。

初めての方もこの機会に是非ご利用下さい。
皆様のご来館、心よりお待ちしております。