大和の湯だより

春のおとずれ

2019年3月1日

先日、当館敷地内駐車場の片隅で、早くも芽吹いている木があるのを発見しました。
その姿は、まだ冬の寒さが残る中とても力強く、逞しさを感じさせるもので印象に残りました。

知人に聞いたところ、その木は「ニワトコ」という名前だそうです。
知人は、「ニワトコ」の木の芽吹きは他の植物よりも早く春の訪れを知らせる木だと言っていました。

いち早く春の訪れを見つけられたことを嬉しく思いました。
なかなか自然と触れ合う機会が少なくなってきている昨今ですが、当館周辺にはまだまだ自然が多く、新たな発見や季節の訪れを感じることができます。
当館の露天風呂、展望ロビーはもちろんですが、道中や駐車場も楽しみの一つだと思います。

ニワトコの芽が成長し始めている姿がとても印象的でした。