大和の湯だより

温冷交互浴の効果

2019年8月19日

熱いお湯と冷たい水の刺激により抹消血管を広げ、疲労物質(老廃物)の乳酸を体外に排出する、疲労回復と万病予防の入浴法と言われています。

温冷交代浴の入り方

  1. まずは温泉でしっかりと身体を温めます
  2. 次に水風呂に入りましょう
  3. 温泉→水風呂を3回ほど繰り返す

血流を良くし、リラックス効果や代謝アップの効果。
また、体がスッキリするのはもちろんですが、自律神経の働きが増し、肩こりが良くなったりと、様々な効果もあります。
何よりも水風呂の気持ち良さの虜になること間違いなしです。

不眠症と冷え性の方には特にオススメです。
ぜひ、「温冷交互浴」を当館でお試しください。

皆様のご来館お待ちしております。